個人事業主のための売上アップ

ワードプレス初心者でも投稿画面の不具合を治す方法

ワードプレス投稿画面が変になった!不具合発見!形が崩れて、入力がしにくくなった!
という話を聞いたことがありませんか?

実は、ワードプレスのバージョンアップをしたために、
有料テンプレートとを使っている方に起こっている
一時的なワードプレスの不具合なのかもしれません。

この事実は、フェイスブックにこの事を投稿すると、
こんな風に教えてくれた方がいらっしゃったので、研究してみました。

投稿画面が崩れるのは、wordpress 5.0からエディターが変わったから

という事で、ワードプレスの投稿画面不具合はワードプレス5.0,ワードプレス5.0.1,ワードプレス5.0.2の方にはぜひこちらをやってみてください。

ワードプレスのバージョンを確認する。wordpressバージョン確認方法

まずはワードプレスのバージョンを確認してください。
ログインして、左上にある「ダッシュボード」をクリック

そして、その画面の一番右下を見ると、
ワードプレスのバージョンをチェックできます。

ということで、笑売繁盛株式会社のオフィシャルブログのバージョンは5.0.2(2018.12月現在)ということがわかりました。

ワードプレス投稿画面の不具合は、無料プラグインを入れることでなおることが判明

今回、フェイスブックで教えてくれた方からの情報で、
無料プラグインを入れることでワードプレスの投稿画面の壊れたものがなおり、
今までと同様に入力ができることがわかりました。

その方法は下記に書いていますのでご連絡ださい。

ワードプレス投稿画面の不具合対策のプラグインの入れ方

プラグイン→新規追加をクリックします。
右のほうにボックスがあるので、「Classic Editor」と入力してください。
すると、ノートのようなClassic Editorプラグインが出てきますので、
「今すぐインストール」をクリック。

そして、
「有効化」をクリックをするとOKです。

もし、ご不安なようでしたら、お気軽にご相談ください。

 

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中