個人事業主のための売上アップ

全日本フィギュアで優勝した坂本花織さんと金本知憲元監督の3つの共通点

全日本フィギュアスケート2018で逆転優勝した坂本花織さんと金本知憲元監督には3つの共通点がありました。


坂本花織さんは、
神戸に本社を置くヘルスケアの進化をデザインするシスメックス株式会社の
シスメックス スケートチームだったのですね!

笑売繁盛株式会社も神戸に本社があるので、今回の坂本花織さんの優勝はとっても嬉しいものでした。

坂本花織さんと元阪神タイガースの監督、アニキこと金本知憲さんと3つの共通点があることに気がつきました。

坂本花織さんと金本知憲さんは笑顔が似ている

フィギュアスケートの坂本花織さんとアニキこと金本知憲さんが似ているとネットで噂があります。

そして、金本知憲さん。

笑顔になった時の坂本花織さんと金本知憲の目の当たりがとっても優しくて似ていませんか?

坂本花織さんと金本知憲さんは最初から成績をあげていた人ではなかった

フィギュアスケートの坂本花織さんと金本知憲さんは、順調に成績を伸ばしていた人ではありませんでした。

坂本花織さんはシニア時代になってから、
2018年平昌五輪・団体戦はFSに出場したものの得点が伸びず5位、個人戦のSPで6位。
2018年2戦目のフィンランド大会では、転倒をし7位。

金本知憲さんは、ヤクルトスワローズの入団テストに失敗、その後、ドラフト会議で4位指名で広島東洋カープに入団したものの2年間はとても苦労をしたそうです。




坂本花織さんと金本知憲さんのライバルが似ている

坂本花織さんのライバルは、一緒に出場している選手ではなく、
昨日の自分ではないかと感じました。

フィギュアスケートの坂本花織さんは、フィギュアスケート全日本選手権2018年の優勝コメントで
こんな風に語っています。
「今回は気持ちで乗り切れた。成長できていると思う。悔いはないです」

この一言は、
坂本花織さん花織さん自身を第三者の目で自分を正当評価していたのだろうと感じています。

そう。坂本花織さんのライバルは、周りのフィギュアスケートの選手ではなく、
過去の自分だった
のです。


坂本花織さん優勝した3つのポイント


自分の強みはどこ?
自分の伸び代ポイントはどこ?
自分の改善ポイントはどこ?


もしかしたら、坂本花織さんのコーチである中野園子さんやグレアム充子さんとチームで一緒に考えたのかもしれません。

だからこそ、全日本フィギュアで一番最後に演技した坂本花織さんは、最後の演技の番というプレッシャーに負けませんでした。

そして、演技の後半。
全日本フィギュアスケート選手権2018を生で見ていた観客が一人、そして二人と拍手をしだし始めたのです。

紀平梨花さんが優勝だと思い、見ていた観客の人たち。
でも、坂本花織さんの演技を見て、空気が変わりました。
花織さんを応援したいと思い、演技の後は、スタンディングオベーションが起こりました。

場の力が坂本花織さんの優勝に「も」後押ししたのでしょう。

全日本フィギュアスケート2018で逆転優勝した坂本花織さんと金本知憲元監督には共通点のまとめ

全日本フィギュアスケート2018で逆転優勝した坂本花織さんと金本知憲元監督には3つの共通点。

  • 坂本花織さんと金本知憲さんの笑顔が似ている
  • 坂本花織さんと金本知憲さんは最初から成績を挙げている人ではない
  • 坂本花織さんと金本知憲さんのライバルに対する考え方

スポーツ選手でも、個人事業主でも成功する人は、必ず成功するポイントがありますね。

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中