個人事業主のための売上アップ

守成クラブみなと神戸例会とは?名刺交換会で仕事につなげる3つのポイント

守成クラブみなと神戸2019年4月例会に参加してきました。
今月は約130人の社長が集まりました。

守成クラブの例会は全国色々なところで開催されています。
場所によって、個性が違いますが、どこの守成クラブの例会でも開催する1つの名物イベントは「大名刺交換会」です。

私は、この大名刺交換会は、1日に100社以上の人と
名刺交換をするのは、生まれて初めてのことだったので
初回はとてもびっくりした記憶があります。

守成クラブ名刺交換とは

守成クラブの名刺交換は、
会場にいる参加者全員と名刺交換をする
名刺交換タイムが設けられています。

一気に名刺交換をするわけですから、
通常の名刺交換のやり方とは全く違います。

ビジネスマナーで学ぶような
名刺交換の流儀は全く通用しません。

守成クラブは守成クラブだけの
名刺交換のルールがあるのです。

守成クラブ名刺交換のルール

まずは、守成クラブの名刺交換は、
名刺を持っていない人は、名刺交換ができません。

たまに、
大名刺交換会の時に途中で自分の名刺が
無くなる人もいます。

そういう時は、
渡す名刺がなくなった時点で名刺交換をする
権利がなくなってしまいます。

守成クラブの名刺交換は、事前メールに送られてくる名刺の枚数は必須で持っていくことが大事!

守成クラブ名刺交換のやり方

守成クラブの名刺交換は、
ベルトコンベアーのように流れ作業のように
名刺交換をしてきます。

最初、この名刺交換の行列を見た時に
私はすごく圧倒されてしまった覚えがあります。

このような列に並んで、名刺交換をしたら、一歩横にずれます。
それを繰り返していきます。

ですので、してもの名刺交換会は、
じっくりまじまじと名刺を見る
時間すらありません。

名刺入れからいちいち名刺を出して渡す
ということもできません。

顔を一瞬見るぐらいで、次から次へと名刺交換をしていきます。

顔と名前が一致している人とは
名刺交換をしません。

ですので、
名刺交換で名刺をいただく枚数が減るということは
「顔」と「名前」が一致して覚えられたという
1つの基準になります。

私はこの記事を書いている時は
守成クラブに入会してやっと半年が経ちました。

半年参加させていただくと
いただく名刺の枚数は2/5になりました。

名刺交換をしなくていい
顔と名前を覚えてもらった人は、
「こんにちわ!」などの挨拶をして次の名刺交換を
するという形です。

400社以上の名刺交換をしてわかった事

守成クラブ名刺交換を10回以上参加してわかったことは、

通常の名刺のスタイルではなく守成クラブスタイルの名刺が必要

という事でした。

あれだけの早さで名刺交換をしていくのですから
覚えてもらえるように「名刺」をちょっとアレンジする必要があります。

ちょっと想像してください。
守成クラブ例会に参加した後に、
参加者の社長さんがすることは「名刺交換した名刺の整理」です。

その時に、たくさんの名刺交換をした名刺を
もう一度見たりする可能性もあります。

「どんな人と名刺交換をしたのかな?」って見るときもあります。

ですが、
名刺交換をしてもこの人誰だったかな?
なんて考えても考えても顔が浮かばない。そんな名刺もたくさんありました。

それは、すごく勿体無いと思いませんか?
少しでも、ビジネスに繋げるために
名刺交換の「名刺」にちょっとアレンジを加えるだけで
とても覚えてもらいやすくなります。

守成クラブ名刺交換で仕事につなげる3つのポイント

守成クラブは、「本音で自社をPRし、 互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的としている会です。

だからこそ、まずは自分自身が「何者」かを知ってもらうためのファーストステップの名刺はとても大切です。

そして、
この名刺交換をした名刺を何も見ずに
そのまま名刺入れにしまっておくのではなく、
「この参加者さんのお役に立てることはないかな?」という視点で名刺を見てください。

名刺を見直したり、
ビジネスの相談をしたりする事で
自社のビジネスに繋がっていくのです。

また、名刺交換をした人で気になる参加者さんのサービスや物を「買う」事で
そこからビジネスにつながります。

 

俳優でもあり作家でもある中村敦夫さんの名言。
これを私は意識しています。

「わかって欲しい」ことがあったら、まず相手をわかろうとする姿勢が大切である。
そうした態度を示すことで、相手もあなたに注目し、少しはわかろうとする努力をしてくれるはずだ。

中村敦夫さんの名言


守成クラブ名刺交換で仕事に繋げる3つのポイント

・守成クラブ用の「覚えてもらえる」名刺にアレンジする

・名刺交換した後に、名刺を見直したり整理して「誰のお役になら立てそうか?」と探してみる。

・参加者さんのビジネスに興味を持つ

 

 

 

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中