未分類

wework大阪梅田に契約する前にちょっと待った!お得に入る方法

weworkが大阪エリアに3箇所あるのはご存知でしょうか?
どこもとても素敵なwework拠点なのですが、全部同じサービスではないのです。

そこで、wework契約を後悔しないために!
wework大阪の特徴と、そしてせっかくweworkに入居するなら、
お得に入る方法があるので
それも併せてご紹介させていただきます。

wework大阪は全部で3箇所!3箇所とも見学をすべし

wework大阪拠点は全部で3箇所あります。

・wework LINKS UMEDA(ヨドバシ梅田タワー)


・wework 御堂筋フロンティア

・wework なんばスカイオ


この3箇所です。
もちろん、エリアから決めるのももちろんいいですが、
3つのwework拠点は、色々な特徴があるのです。

また、拠点によって月額費用も変わってくるので
その辺りも考慮して決めてもいいのでは?

もし、wework入居に
時間があるなら、3箇所見学されることをお勧めします。

wework大阪3拠点料金価格比較

では、wework大阪の3拠点の月額使用料金比較をします。

月額使用料(税抜) wework
LINKS UMEDA
wework
御堂筋フロンティア
wework
なんばスカイオ
ホットデスク ¥72,000〜 ¥59,000〜 ¥49,000〜
専用デスク
プライベート
オフィス
要見積もり 要見積もり 要見積もり

お値段から検討すると、weworkなんばスカイオさんが
一番コストパフォーマンスが良い拠点だという事がわかりました。

ですが、御堂筋フロンティアさんとリンクス梅田さんは梅田北エリアの一等地にあり、
1棟丸ごとweworkさんなのです。
本当にどのweworkさんもとても素敵なのです。

どこの拠点で契約されても、
weworkは月に何回かは他の拠点で過ごす事ができたりします。

だから、大阪の方は特にラッキーですね。
3拠点色々回って、素敵な人脈づくりができる可能性がありますね。

私は、wework神戸で契約をしています。
でも、大阪に行く事があったら、wework大阪のどの拠点でも行き、
仕事をする事ができちゃいます。

今後3拠点は必ず行くエリアなので、
wework大阪滞在レポも追記しますね。

wework大阪の見学は自由!特典クーポンもプレゼント!

wework大阪の3拠点にまずは見学に行こう!と思ったら、
まずはweworkに連絡を取ってください。

見学は随時(基本土日は見学はしてないです。)受け付けていて
weworkのスタッフさんが案内してくれます。

もちろんweworkさんに直接連絡を取ってもいいのですが、
ここからお得な情報をお伝えします。

実は、weworkにはお友達紹介制度があるのはご存知でしょうか?

もし、あなたが、weworkお友達紹介制度を使ってwework見学をしたり、して
契約までした場合、
12 ヵ月の契約期間ごとに
1 ヵ月分の契約料金が無料になるのです。(契約料金のことをメンバーシップ料金を呼んでいます)

メンバーシップ料金が無料となる月は、
契約期間の最後に適用されます。
つまり、12 ヵ月の契約が成立した場合、
13 ヵ月目は無料で利用できることになります。

とってもお得なので、ぜひweworkを契約するなら
お友達紹介を使ってください。

もし、weworkにお友達紹介を頼む人がいなかったら
ぜひ下記のボタンから申し込んでください。

たったそれだけでOKなのです。

下記ボタンをタップすると、
・名前
・メールアドレス
・電話番号
・会社名
・何台のデスクが必要ですか?(決まっていないなら、不明でOK)
・希望の入居日を選択(未定の場合、フレキシブルでOK)
・どこの都市に興味がありますか?(神戸の場合、Kobeを選択)

上記のみの入力が必要ですが、
折り返し、メールが来るので、見学希望等の連絡をとってみてください。

wework大阪問い合わせ&申し込みはここをタップ!

 

あわせて読みたい
wework神戸は高い?ホットデスクや専用デスクの料金体系やメリットデメリットも調査wework神戸が2019年11月1日にオープンしました。 コワーキングスペース、オフィスシェアの新拠点として、 笑売繁盛株式会社は...
ABOUT ME
桶下 眞理
自分ブランドづくりの専門家 桶下眞理 お客様から愛され続ける自分ブランドづくりの専門家。 自社通販売上実績7000万。3大SNSフォロアー34000。 ランチ会開催で延べ400名。 すべてSNSを使っての集客が話題を呼ぶ。 商工会議所の講師や経済産業省のミラサポ専門家を務める。 通販事業に大手が年々参入し、価格競争に巻き込まれ、売上は上がるが利益が下がる危機に。 仕事時間を増やし自由を無くした日々が続き、体力の限界が来て救急車で運ばれる。 こんな仕事スタイルではお客様にも迷惑がかかる。 そこで、これからは価格に巻き込まれない「あなただから買いたい!」と言ってもらえるためのSNS発信を研究する。そこでデジブランドプログラムを体系化。 お客様からは、「お客様に振り回されていた人生から、理想のお客様が来るようになりました」「たった1回のイベントで8割が再来店してくれるようになりました」など、喜びの声多数。また、自身も仕事時間は半分以上減ったにも関わらずリピーターは3倍に増え、利益もUPする。 今後も、お客様に愛され続けるブランドをつくりたい女性社長を一人でも多く育てることを目標に、セッションやセミナーを拡大予定。 趣味はポイント集めとハーレーに乗って地元のローカルフード食べ歩き。ウエルスダイナミクスプラクティショナー。