個人事業主のための売上アップ

「接客は利休に学べから学ぶ」より接客で売上を上げる方法はあるのか?

接客の場から離れる時間が多くなったので、
今回、接客は利休に学べから接客についてもう一度学んでみようと思い、手に取りました。

レゾナンスリーティングで20分で読書をし、今回、売上の上がる接客について学ばせていただきました。

接客は利休に学べの著者小早川護さんとは

接客は利休に学べの著者早川護(まもる)さんとは2017年に経営者の会でご縁をいただきました。
いつも和服を着て、クールなお顔をされていらっしゃいますが、
お知り合いの人とお話しされるときは、柔らかな表情をされていらっしゃいます。
とても人脈があり、いつも、周りに人が集まってくる
そんな人望も厚い早川護さんです。

そんな早川護さんがなぜ、今回、接客に関しての著書を出版されたのかが気になり、
経歴を調べてみました。

大学卒業後に小売店や飲食店の対面接客、営業職などに携わっていたのがきっかけのようです。
その時の「接客・もてなし」の現場で常識とされてきた接客マナーに強い疑問を抱き、茶道の研究スタート。
どんどん茶道の研究を重ねに重ね、
2011年には茶道のマネジメント研究から修士号を獲得されてます。
裏千家茶道の師範、そして若手の茶人としても活躍しており、現在社中内の弟子数は100名近くいらっしゃるとか。

この経験を生かし、
茶道の哲学を軸とした「おもてなし経営」のコンサルティングを行っている経験を生かして今回著書を出版されていらっしゃいます。

接客は売上アップに必要な方法なのでしょうか?

接客は利休に学べから学んだ言葉でとても印象的だったのは、

接客は短期的に見れば、売上に貢献しない
接客を長期的に見れば大きな利益を生み出す

この一言でした。
この言葉を聞いて、
昔、某ブランドショップで働いていた時のことを思い出しました。
とある親子が某ブランドショップを訪れました。
その時に、お母様が
「娘に初めてのブランドのバッグはここだと決めていたの」
と嬉しそうに話してくれました。
それを聞いた私は
お嬢様へのプレゼントということで
いくつか紹介させていただきました。結局、その日は購入されず、帰って行きました。
数日後、
その親子が来店し、
私がその日もいることに気がついてくれて、
私の方へ声をかけてくれました。そして、「あの時に提案してくれた鞄にしようと思うの」
とおっしゃって、
その鞄を購入してくださいました。
ブランド力も手伝ったことは間違いないのですが、
もし、最初の時に
私の接客力が悪かったり、
お客様との相性が悪く、素敵な提案や接客ができなかったらもしかしたら、
他の店舗の同じブランドのお店か
他のブランド店で購入されたのかもしれません。
そして
今回、気に入ってくださり購入してくれたので、
次回は、お嬢様ご自身で購入されることもあるかもしれません。
だから、
長期的に見れば大きな利益を生み出すという
このメッセージはとても私にとって納得できる一言でした。
おもてなしで短期的な売上アップは可能
ですが、おもてなし力がアップすると短期的な売上アップは可能という提案もありました。
私はこのおもてなし力は「提案力」と言い換えてもいいな、と感じました。
今回、この接客は利休に学べで例としてあげていたのは飲食店で
おもてなしを上手にアルバイトやスタッフに伝えることで、
短期的な売上が上がったという事例でした。
それは、
スタッフに利益の高いお料理を1つオーダーしてもらったら
どのくらいの利益が見込めるかをちゃんと数字で伝えておくというものでした。
そして、
いくつかのパターン別に
提案するお料理を覚えてもらっておくというものでした。
私は、これを
マクドナルドから学んでいました。マクドナルドは
プラス1のオススメトークを
マニュアルに盛り込んでいます。なので、
いつでもそのプラス1の一言が
考えずに出てくるのです。
(これが良いと出るか悪いと出るかは別にして)
なので、
実は、アルバイトしていた頃に
私、結構そのプラス1トークで
売上あげていました。
マクドナルドだから
お客様に

「オススメはなんですか?」なんて聞かれることはないのですが、

たくさんあるお料理の中から
お客様がお料理を選ぶ時に
「失敗したくない!」という心が出てきて、
スタッフの人に
「オススメはなんですか?」と聞くのですから
この時に
利益の高いオススメ商品を言えることで
必ず利益アップはできるようになりますよね。
接客は、時代時代によって”どういう風にするか”は変わりますが、
そのベースであるおもてなしをする心は、変わらないのです。だからこそ
接客をする人は、人間力を磨くことも
忘れてはいけない。そして、自分にもらったギフトである
個性も大切にしないと。改めて接客は利休に学べから
接客の大切さについて再認識をいたしました。
接客は利休に学べ

 

あの経営者も読んだビジネス書のキモが3分でわかるメルマガでは、
特にオススメのビジネス書を紹介しています。
無料購読はこちら

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中