個人事業主のための売上アップ

メモの魔力のキモがわかり売上アップ!ワークショップを神戸開催終了!

2019年2月22日神戸の一等地にある株式会社エムトーンさん。
こちらの会場にてエムトーン主催天才アカデミー2月の企画として
メモの魔力で売上アップするワークショップをさせていただきました。

天才アカデミーのワークショップとは?

天才アカデミーは年収1000万以上になれば卒業!
やる気のある人たちが集まる勉強会です。

株式会社エムトーンの社長であるショウゾウさんが
「神戸でもっと稼ぐ社長のサポートをしたい!」と想いで
創業20年の企画としてできた勉強会です。

毎回、ショウゾウさんが厳選して内容決め、講師を誘致しています。

私も、こちらで学ばせていただいています。

メモの魔力で売上アップするワークショップとは?

今回企画をしたメモの魔力で売上アップするワークショップは、
メモの魔力 この本をテキストに使います。

なぜなら、メモの魔力はIT社長でSHOWROOMを経営している前田裕二さんが
「僕はこのメモを取ることで、ビジネスをどんどん発展させていった」
「メモの魔力は恐ろしいくらいすごい」
「みんなメモを取ってどんどん自分の本当にやりたいことを見つけて、実現してほしい」
と熱く語っている本を個人事業主の方にはぜひ理解して、仕事に生かして欲しかったのです。

 

テキストと言っても、200ページ以上ある本を
2時間の間で読むだけ。
そんなワークショップではありません。

読書が苦手な女性もたった20分で読める速読法の体験付き

今回、このメモの魔力を使ってたった20分で読める速読法を使って読書をしていただきました。

なぜなら、成功している経営者、社長は全員読書を通じてビジネスに生かしているからです。

実際に、PRESIDENT (プレジデント)には、年収1000万の人と年収200万円の人とは読書量が違うというアンケートも出ていました。

本を読まない人間はビジネスで勝てない

とまで断言している人もいます。

 

でも、毎日なかなか忙しくて、なかなか本が読めない。
実は、私も数年前は、
読書が苦手で苦手で仕方がなかった一人です。

それを
「やっぱりビジネスをうまく軌道に乗せるのは、読書が必要!」
と思い、
色々な速読法を試した結果、レゾナンスリーティング法と出会いました。

今回、
レゾナンスリーティング法を体験してもらい、
メモの魔力 を使って、どうしたら自分のビジネスの売り上げアップのために使えるかを学びました。

レゾナンスリーディング 法とは、こんな不思議な波線を引き
メモを取っていくそんな読書法です。

メモの魔力で売上アップするワークショップ参加者様の嬉しい感想

今回、参加してくれた方の中には、読書が好きな人もいらっしゃいました。
そして、読書が苦手な人、読書は普通だけど、なかなか忙しくて読みたいけど読めていな人、様々な個人事業主、独立起業希望の方、経営者様など様々な職業や年齢の方にお集まりいただきました。

そうなのです。
レゾナンスリーディングは、たった20分で読めるので、
年齢も関係ありません。

また、読書をするのが苦手な人でもなぜか読めてしまうのです。

今回参加してくれた皆様の感想をお伝えします。

ワークショップにご参加いただいた方の嬉しい感想


全部は読んでいないのに 自分の中では少し納得ができたので、
こんな読み方もあるんだなと知れたこと

本を読むことのハードルが下がった

こんな読み方もあるんだという発見ができたこと。
自分が気になっていることを引き出せたこたお。
そこからどう仕事に活かせるのかまで深掘りできたこと。

今までちょっと無理をして書いていたメモを楽しく書ける気がします

痛いとこを疲れたけど 本質に気がつけたこと

自分が”今”意識している言葉が認識できて、思考を深められたこと。

新しい本の読み方を学べました。
あと仕事に対する考え方も少し考えさせられるキッカケになりました。

自分に必要なことを得れたのでとても良かったです。

フェイスブックでも感想を投稿してくれました

ありがたいことに、
フェイスブックでも今回のワークショップに関する投稿をしてくれた方がいらっしゃいました。

今回2回目のご参加。
2回目だとかなり、レベルが上がっていらっしゃいました。

 

こちらの女性も2回目の参加。
やはり回数を重ねるとどんどんこのレゾナンスリーディングも精度があがってきますね。

ビジネス本から学ぶワークショップ受講するの3つの利点

実はビジネス本から学ぶワークショップを体験するといいことが3つあります。

  1. ビジネス本だからこその読み方がわかるいつも忙しい私たちにとって読書は大切とか必要とかわかっているけど、なかなかできないもの。
    だからこそ、今回のレゾナンスリーディング の速読法を体験することによって
    「こんな読み方もあるんだ!」読書をする固定概念が変わります。
  2. 「今」の自分にとって必要な知識やアイデアが本を通じてやってくる今回の読み方、レゾナンスレーディングは、感想にもあったように、「今」の自分にとって必要なキーワードやヒントが本を通じて答えがやってくる読み方なのです。
    感想にもあったように人によって、必要な気づきが得られることができます。
  3. 自分や周りの意見や考え方が本を通じてシェアできる人の考え方は色々あります。
    これを「一冊の本」という共通点を通じて話すことにより、その人が普段どんなふうに考えたりしているかがわかったりします。

人生100年時代を生きていくためには、自分に必要な知識や学びを自発的に取る必要があります。
その手段として、読書はすごくオススメです。
だって、世界の偉人や成功者が本を通じて惜しみなく教えてくれるのですから。

ビジネス書を使ったワークショップ開催についてはお気軽に下記からお問い合わせください。

美お問い合わせはこちらをタップ!

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中