個人事業主にオススメのビジネス本

三日坊主を治したい!倒れない計画術のコツはMACの法則!感想と書評

私のいいところでもあり、悪いところでもあるのが、まずはやってみたがりなところ。
テレビで見たり、ビジネス書の読書で「いいな!」と思ったらまずはやってみることはあるのですが、
三日坊主の天才なのです。
三日間続けて、やめてしまう癖があります。
今回、三日坊主をどうやったら直せる?

それをメンタリストDaiGoさん著の「倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!から学びました。

もちろん、読書は魔法の速読法、レゾナンスリーディング法で15分ほどで読みました。

なぜ三日坊主は治らないのか?3つの理由

そもそも、なぜ私は三日坊主の天才なのかを
考えてみたら3つ理由がありました。

新しいチャレンジで満足!三日坊主が目標になっている

テレビや本を見て「あ!やってみたい!「それ、やってみよう!」と直感的に思い、そしてまずはやってみるということは
そのやってみる行動がゴールになっているので、
「新しいことに(1回)挑戦した!」というゴールの達成感があるのです。
(うまく行こうが行くまいが関係なく)

「それじゃあダメだ!」
と思い、次に考えたことが

「目指せ!三日坊主!!!」

と言うもの。
結構、三日坊主はクリアできるようになりました。
でも、その先の目標を計画していないために、
ほとんどの目標は三日坊主で終わってしまうのでありました。

自分を過信して今の生活にすぐに取り入れられると信じている

自分自身、不器用でスピードも早くないのに
そんな自分のことを理解せず
新しい習慣やチャレンジを
すぐに「今」の生活の中に取り入れようとしているのです。

あれもやってみよう
これもやってみよう
そっちもやってみよう

1日に24時間しかないのに、
ぼーっと毎日過ごしているわけでもないのに
新しいことを今の生活の中に取り入れるのはかなり至難の技です。

これに気がついてからは
私は、手帳に自分の一日どう過ごしたらいいかを
書くようにしました。

すると、
「そうだよね。やっぱり、今週はこのぐらいが私の限界だよね」
など、
頭の中で計画をしていた
自分の無謀なチャレンジやハードルを高くしていることが自覚できるわけです。

なんのためにその計画をしたのかを理解していない

自分を変えるには、

(自分が変えたいと思っている)悪い習慣や計画から
良い習慣や計画へ変える必要があります。

多分、ビジネス書を読んだり、テレビなどみたりして
いい情報を知った時には
なんとなく、それを取り入れることでバラ色の人生が待っていると
勝手に脳が判断をしているのでしょう。

ですが、
忘れっぽい脳はあっという間に
なぜそれをしなくちゃいけないのか忘れてしまいます。

また、
新しい事を取り入れると
「今のままでいいんじゃね?」と言う防衛反応がむくむくと出てきて
なかなか新しいことが定着しない脳の仕組みがあるのです。

倒れない計画術はスケジューリング前にMACの法則と5つのセルフトークを

そんな私でも、今までなんとかやり続けられたことがあります。
それは、独立起業です。
何をしても仕事が続かなかった私が
独立起業をして女性社長として続いています。2019年で14年目に入ろうとしています。

それは、
無意識にですが、
メンタリストDaiGoくんがお勧めする
MACの法則と自分に落とし込む5つのセルフトークが自分に落とし込めていたからです。

そのおかげで、諦めずにずっと仕事を続けてこれたのです。

ゴール・目標設定方法でお勧めな「MACの法則」とは?

ゴール達成、目標設定方法でメンタリストDaiGoくんがお勧めな方法、MACの法則。
MACの法則とは
それぞれの頭文字をとっています。

M Measurable  測定可能性  目標(ゴール)が数字として測定可能なこと
A Actionable 行動可能性 目標(ゴール)を正確に把握し、
そこにたどり着くまでのプロセスを明確に書き出せること
C Competent 適格性  目標(ゴール)を達成することが、自分の価値観に基づいていること

 

そして、ゴール達成、目標設定を突破するためには
自分自身への落とし込みの5つのセルフトークをすることでさらにパワーアップすると
言ってます。

ゴール達成、目標設定する5つの質問
  1. 自分は本当にできるの?
  2. なぜ、自分はこれをしたいの?
  3. どのように自分はこれをするの?
  4. いつ自分はこれをするの?
  5. もっと上手くするにはどうしたらいい?

ここに本文を入力

今回倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!の中で
特に私が大切だと感じた三日坊主で色々なことが終わってしまうパターンについて
倒れない計画術をお伝えしました。

 

ですが、倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ! の中では
他にも色々な計画の挫折パターン、プロジェクトの失敗パターン、そして自分のサボリパターンによってやることが少しずつ変わってきます。

今、私は密かにプロジェクトが進行しているので、
そのプロジェクトに対して
MACの法則とセルフクエスチョンを付箋にかき、
手帳に貼って忘れないでおこうといつも見直すようにしました。

今日、レゾナンスリーディング で15分速読した本はこちら。

読書が大嫌いで勉強することが苦手だった私も
このレゾナンスリーディング法のおかげで自分に必要な読書ができています。
ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中