ご当地領収書導入企業やショップ様

医療介護ビジネス交流会「Zeroコミュ」でご当地領収書を採用か?

医療介護ビジネス交流会「Zeroコミュ」の準備委員会メンバーの核となる一人
全日本介護タクシー開業サポートグループの代表中西教之社長に
西宮バージョンのご当地領収書をご購入いただきました。

ご当地領収書ー西宮バージョンーとは?

ご当地領収書は、地元に貢献しているショップ様や企業様がご当地愛を伝えるために!
そして、領収書を通じて、コミュニケーションが広がり、リピーターに繋がるために作った領収証です。

ご当地領収書の西宮バージョンは、
西宮で有名なシンボル「えべっさん」と「甲子園球場」をモチーフにした領収証です。

このご当地領収書を
全日本介護タクシー開業サポートグループの代表中西教之社長が
「今度のセミナーの時に使わせてもらうわ!」とおっしゃり
ご当地領収証ー西宮バージョンーをご購入くださいました。

 

え?もしかして
2019年5月に開催される阪神エリアの医療・介護の交流会「zero(ゼロ)コミュ」???
なんてかなり期待に胸を弾ませています。

阪神エリアの医療・介護の交流会zero(ゼロ)コミュとは?

阪神エリアの医療・介護の交流会「zero(ゼロ)コミュ」は、阪神間で医療や介護のお仕事に携わっている人が集まり、ビジネスを盛り上げるための情報交換の場です。
PRタイムもあり、業務提携やビジネスマッチングなどの可能性もある
医療や介護に特化した交流会です。

ゼロコミュにはどんな人が参加するの?

ゼロコミュの立ち上げメンバーは医療や介護の経営者やビジネスのプロが6名が立ち上げた交流会です。

・株式会社 Kindly Link
シニア住宅情報・相談センター 大瀬戸祥浩さん

・一般社団法人みんなの居場所DREAM 岡本秀二さん

・ジブラルタ生命保険株式会社 小川憲英さん

・行政書士リーガルオフィス神戸 谷口昌良さん

・全日本介護タクシー開業サポートグループ 中西教之さん

・老人ホーム運営等 株式会社NSA 吉岡政明さん

前回のゼロコミュは2018年11月に開催されましたが、
医療や介護のショップ様、企業様、社員様など30名ほど集まり開催されていたようです。

医療・介護の交流会zero(ゼロ)コミュのセミナーは

定期的に阪神エリアの医療・介護の交流会「zero(ゼロ)コミュ」では交流会が開催されています。

交流会の詳細は下記に随時アップされます。

また、2019年5月23日に新神戸で交流会が開催されるのが決定しています。
ご興味ある方は下記をタップしてご覧ください。

2019年3月現在ですでに30名弱の方が参加表明をされている
今、活気ある医療介護のビジネス交流会の一つです。

 

ゼロコミュに参加されたら、もしかしたら
購入くださったご当地領収証がもらえるかもしれませんので、
「領収書ください」とおっしゃってくださいね。

 

 

ABOUT ME
桶下 眞理
熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引っ越しを経験後、 神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。 しぶしぶ保険営業職に就職。 お客様のセクハラに耐えきれず、10ヶ月で辞める。 その後も、 パワハラやブラック企業、リストラ等で、 長く続かず、転職を繰り返す。 就職を諦め、派遣女子となる。 クーラーなしの月10万円代極貧一人暮らしを経験する。 経験した仕事は、その数20を超える。 その頃から女子起業に憧れ、 小さい勉強会へなけなしのお金を出して、 参加し続ける。 やっと入った、アルバイトで入った、 システム会社の倒産をきっかけに、 「1年だけチャレンンジしてみよう!」と決断し、 金なし、コネなし、人脈なしの状態で 夢の一つであった通販店を立ち上げ、 0円起業で女性起業家となる。 独立後は、 安定した売上を積み上げるために リピーター確保に力を入れる他、 個人事業主や女性起業家が ビジネスオーナーになるための 働き方改革! 小さいからこそできる デジアナ戦略コンサルティングを実施中